バンクイック パート

バンクイックを始めとする有名金融!パートでも審査が通った!

もうここ12年ぐらい家計の足しにするためにパートに出ています。年齢は52歳。でも最近、ずっとパートに出てて、家計の足しにするばかりで自分で全く好きな事が出来てない。なんとなく虚しい毎日が過ぎていました。家計を助けるためだけにパートを続けていくことがだんだんバカバカしく思えてきてしまったんですね。

そんな時、近所の友達からお誘いが。この人は前に同じ職場に居た人でご近所さんって事もあってそれから大の仲良しに。この人にだけはなんでも家庭の話が出来ちゃうんです。その友達が「ここ数年間、ずっと働き詰めでしょ?たまには自分で稼いだお金を自分のために使わないと何のために生まれてきたのかわからないじゃないの」って窘められまして…。

「今度、一緒に三泊ぐらいで旅行に行かない?」って誘ってくれたんです。でもパートのお金は家計に流れているし…自分の持ち合わせがあんまりないのも事実でそれを伝えると「自分で働いたお金なんだし、たまには自分のために褒美として使わないとダメだし、そんな無理してると潰れちゃうわよ!たまには旦那置いておいて、パーッと羽伸ばさないと!」

ほんと…確かにそうなんです。パートで働いてる事が当たり前になっている主人は私が最近遊んでいないなんて事すら気付いてくれてないだろうなぁ…と思ったら、主人に遠慮ばかりじゃなく、やっぱり私も羽伸ばして気分転換しても罰、当たらないわよねっていう気持が湧いてきて、旅行に行くことにしました!ただ…正直、パートで働いたお金は家のローンの足しにしたりしてるので、枯渇してる状態であるのは間違い無いんですが、どうしても友達と一緒に旅行に行きたい!そう思ってパソコンで色々調べてみたら、比較的低金利でお金を貸してくれる大手の金融会社の広告をたくさん見付けたんです。

例えば有名な所だったら、東京三菱UFJ銀行のバンクイックとか他にもたくさん大手の有名金融会社があるようです。大手だし比較的金利もお安め。一度申し込んでみて余裕を持ったお小遣いで旅行に行きたいと思ったのですが如何せん私はパート勤めで…こんな状態で借りられるのかと思って申し込んでみたら、パートでも審査オッケー!しっかりと借り入れすることが出来たんです!

これで友達と一緒に旅行に行って気分転換することが出来ます!それに大手の金融ならばコンビニ等でも借り入れ出来ちゃうので、これならば旅行先で困ったことになっても安心出来ます。友達に一緒に旅行に行く旨を伝えたら凄く喜んでくれました。やっぱり息抜きって絶対に人間、大切ですよね。

カードローン審査のときに大切な各種電話に関するテクニック集

審査のポイント「電話」

カードローンなどお金の借り入れを考えたときに必ず通らなければならないのが審査です。そしてその審査の時の最も重要なポイントと考えることができるのが電話による連絡でしょう。この電話のコツを理解して審査に臨むのと、審査の中で行われる電話連絡が全く分からずに審査に臨むのとではその内容は大きく変わってくるのです。

電話には二つの種類がある

まず、審査の時点の電話には大きく分けて二つの電話があります。一つは本人向けに電話をする本人確認の電話、そしてもう一つが勤務先に電話連絡をする税制企画人の電話です。どちらの電話も確認が取れなければ概ねお金を借りることは難しいと言えるでしょう。

まず必要なのは電話する側の気持ちを理解すること

どちらの連絡にしてもまずはその電話をする側の気持ちを考えてみることから始めましょう。電話をかけるスタッフは滞納や遅延の支払い催促などを除いてはそのほとんどが電話をかける専門のスタッフです。消費者金融業者の社員が電話をかけるというわけではなく、多くはアルバイトや派遣社員など。もちろん、本当に在籍しているか、本当に本人かということは気にしてはいますが、その気持ちを代弁するのであれば何もトラブルなく終わってほしいと願っています。

本人確認の電話のポイント

これを大前提として次は個人向けの本人確認の電話について考えてみましょう。インターネットなどで申し込んだときにはここが唯一の利用者との直接会話と言うことになります。必要事項の説明を受け、申し込みの意思があるのか、本人なのかの確認が取れればそれで終了です。忙しい最中に電話をかけてきて長々と話すことに怒りを覚える利用者もいるようですが、法的に必要な説明や意思確認が中心になるので黙って聞くことが大前提です。

一通り喋らせて利用したいということ、本人であるということを伝えればそれで本人確認は完了です。いろいろと細かい質問をする人もいますが、余計な質問や指摘は更に時間がかかると言うだけでメリットは一つもありません。注意しなければならないのは電話番号の記載ミスだけは絶対に避けること。電話連絡が取れないようであればその時点で契約は不可能になります。

在籍確認の電話のポイント

そしてもう一つの電話、在籍確認について見てみましょう。これも単純に記載されている電話番号に電話して本人を呼び出すというだけの確認です。電話に出た人物が「そんな人いません」と言うことさえなければ休みでも出勤していてもどちらでもいいのです。極端な話自宅の電話番号を記載して法人名で電話に出ていたとしても審査に通る場合があります。

最近では良く、会社の電話番号をインターネットで確認したり、会社のホームページをインターネットで確認したりしているという噂が実しやかに流れていますが申込みの全件を確認しているわけではありません。何か疑問を感じられたり、不審な点がない限りはそのようなチェックは行われないと考えていて良いでしょう。

電話はそれほど気を配ることでもない

カードローンの審査の時に行われる電話での確認はこの二つだけです。正直、それほど困難なポイントと言うこともありません。仕事をしている人であればそれほど問題なく確認が終わることがほとんどですし、極端な話をすればそこに虚偽があったとしても基本的にはそれによって審査が滞るということはないと考えることもできるのです。

カードローンの比較で口コミサイトを利用するときの注意点とは

インターネットでの情報収集

お金を借りる必要が生じたときにカードローンの口コミサイトや比較サイトを利用することがあるかもしれません。これらのカードローンの比較・口コミのサイトは確かに利用者にとって有益な情報が掲載されていることもあり、使い方にっよっては有用であるとも考えることができます。自分一人では知り得ない情報も多く、情報量も非常多い優良なサイトがほとんどです。

中には正確ではない情報もある

しかし、中には情報が正確でなかったり、その情報の時期が古かったりすることも少なくありません。特に個人のブログなどは信憑性に欠けるようなものや時期的に非常に古くなってしまっているものも多く、口コミサイト・比較サイトを利用するに当たっては充分に注意しながら利用し、その情報を得ることが必要になってくるのです。

まずは日付を確認しよう

まず最初に着目しなければならないのはその情報の日付です。仮に月日が分かっていたとしてもその日付は昨年のものかも、数年前のものかもしれません。この点に充分に注意しておかなければその当時は正しい情報であったものの今ではその情報は既に正しくない情報になってしまっているということも考えられるのです。

口コミの内容にも注目

次に注意しなければならないのはその口コミの内容です。これも同様に日付を確認することから始まります。日付が確認できたならば、口コミの場合には次はその内容にも注目しましょう。あまりに肯定的な意見が長々と投稿されているようであればそのサイトは信憑性が高いとは言えません。通常、口コミではほめる文章もあればけなす文章もあるのが当然です。

ひたすらほめちぎるユーザーは少ない

それにもかかわらずひたすらと数年に渡って褒める口コミしか存在しないのであればその口コミは当てにならないと思いましょう。一時期に集中的に口コミはあるものの、その前後はぱったりと口コミが無くなっているようなサイトも信憑性は低く、情報として正しいものではない可能性があるということは頭の片隅に置いておいたほうがいいでしょう。

信用できなくても参考情報にはなる

しかし、だからと言ってこれらに該当するような口コミが全て信用できないために全く参考にならないというわけではありません。このような口コミの中でも正しい情報がまぎれていることがあります。ただし、このようなサイトに掲載されているような情報は優先順位として高い位置に置くような情報ではないということです。あくまでも参考情報程度の利用であれば充分情報になりえる可能性はあります。

多くの情報が手にははいるが……

確かにインターネットの情報は瞬時に手に入れることができるという点においてはほかのツールには負けることはありません。しかしそれらの情報の中にはどちらか一方に偏っていたり、正確でなかったり、中には悪意を持って騙すことを目的として提供されているものっもあるということをしっかりと認識しておく必要があります。

内容の吟味が重要

これら多くの情報の中からできるだけ正確で、できるだけニュートラルな視点からの正しい情報を得ることができるかについては、インターネットの利用者の判断に左右されます。できるだけ正しく間違いのない情報を得るためには情報の内容をしっかりと吟味しながら収集していく必要があるのです。

借金の返済で35日サイクルを利用してはいけないその理由とは

返済方法には二つのサイクルがある

カードローンや消費者金融での借入を行う時にその返済の方法についても取り決めを行うことになります。利用者としてはこの時点ではお金を借りれたことによる満足感もあり、あまり返済に関する部分にまで意識が行かないことも多いでしょう。カードローンなどの返済サイクルに毎月決まった日に返済する方法と、35日サイクルで返済を行う方法とがあることはご存知でしょうか。

35日だと利息も35日分

この二つの返済サイクル、窓口で対応しているほうからすれば35日サイクルが良いに決まっています。一か月は長くて31日。毎月の返済日が決まっていれば、この31日分の利息しか加算されないということになります。しかし、35日サイクルを選択してもらうことができれば最初から35日分の利息を得ることができることになるのです。

絶対に選択してはいけない35日サイクル

利用者は間違ってもこの35日サイクルでの返済を行っていはいけません。一見すると、35日お金を手にすることができる方法と、最大でも31日しかお金を手にすることができない方法のようにも見ることができ、店のスタッフに勧められ35日サイクルの返済を選びがちですが、この返済方法には利息が多く加算されるというデメリットだけではなく多くのデメリットが潜んでいるのです。

35日サイクルを選ぶ人の特徴

35日サイクルでの返済を選ぶ人は多くの場合が先に述べた「35日サイクルのほうが毎月決まった日に返済するよりも余計にお金を借りておくことができる」という認識を必ず持っています。この認識に基づいて返済サイクルを決めたということはつまり35日ぎりぎりまで返済を引き延ばすということになるでしょう。

最終的に返済が滞らなければ良い!

もちろんこのこと自体は決して悪いことではありません。しかし通常は毎月収入の入ってくる日は決まっています。35日サイクルで返済を行っていればやがて返済のタイミングは月末→月初→月中そしてまた月末へと常に変わってくることになります。もちろん変わること自体には何の問題もなく、返済もしっかりと行われていれば最終的には毎月4日分程度の利息が多くかかってしまうというというデメリットだけの場合もあるでしょう。

安定した収入があるなら毎月決まった日に

問題なのは給料日などの収入の入るタイミングとは関係なく支払いのタイミングが変化するということです。時期によっては手元に全くお金がないのに次の支払いが来てしまうということもあるでしょう。こうなってしまえば更にお金を借りる必要が生じてくることもあり、それを繰り返していればやがて多重債務者への道を転がり落ちていくことにもないかねないのです。

リスクを回避し、できるだけ安全にお金を借りて利用したいのであれば、返済は毎月決まった日に行うことが望ましいでしょう。もし仮にどうしても35日サイクルでの返済を行いたいと言うのであれば、その場合には複数の収入を確保したり、返済日をしっかりと覚えておくなどの特別な対策が必要です。

35日サイクルはリスクとデメリットの宝庫

このような対策なしに返済において35日サイクルを選択するということは、非常に大きなリスクであり、将来的に多重債務に陥る危険性もあるということをしっかりと認識して最大限の注意を払うことが重要になってくるでしょう。

銀行でのカードローンでも保障会社が消費者金融であるその理由

保証会社の仕組み

銀行のカードローンなどを利用する時にはほとんどの場合保証人は必要ありません。もちろん担保なども必要なく、カードローンは「無担保カードローン」とも言われています。このようなカードローンには保証人や担保が必要ない代わりに、契約の時に「保証会社」と呼ばれる会社とも保証の契約を間接的に行うことになります。

銀行での借り入れの時の保証会社は今ではほとんどの場合が消費者金融業者です。仮に消費者金融業者でなかった場合でも保証会社は信販会社。つまり、そのような消費者金融業者や信販会社が保証しているから、担保なしでも保証人なしでもお金を借りることができるのです。

消費者金融業者の事業のバランスの変化

以前は大手の消費者金融業者は保証を中心とした業務ではなく、貸し付けを中心に業務を行っていました。しかし多くの問題が発生し、過払い金の請求などで消費者金融業者は営業を続けていくことが難しくなり、苦しくなった消費者金融業者を銀行が資金を投入する代わりに個人向けの貸し付けのノウハウを得ることができることもあり、消費者金融業者を自分の銀行グループの中に吸収していったのです。

今は銀行中心で貸し付けを行っている

そして、個人向けの貸し付けの方法が分かった銀行は、経営が縮小して世間的にも風あたりの強くなった消費者金融に替わり個人向けの融資を行うようになりました。そして業績が悪化している消費者金融業者に保証業務行わせることで、安定的な収入を消費者金融業者に与えて経営の健全化を進めてきています。

あくまでも保証会社は「保証会社」

このような事情もあり、大手銀行のカードローンには大手の消費者金融業者の名前が保証会社として並んでおり、最終的に支払いが困難になれば保証会社が保証し、債務は保証会社に移っていくと言うことになるのです。今では銀行のカードローンと保証会社としての消費者金融業者は切っても切れない縁になっていると言えるでしょう。

大きなデメリットはない

しかし、利用者にとっては保証会社が消費者金融であることで実質的なデメリットはありません。今まで銀行グループ企業内で保証業務を中心としているために表にあまり名前が出ていなかった会社が保証していたものが、消費者金融業者として有名な会社が保証するようになったというだけなのです。実質、会社名が目立つようになったと言うだけで利用に際して大きな変化はないと言えるでしょう。

もちろん、支払わなければペナルティー

あえてデメリットを上げるのであれば、銀行からカードローンを借りていたとしても、その支払いが遅れ、滞納を続けていると最終的には銀行ではなく消費者金融業者から残債の支払いの催促が行くということでしょうか。しかしこれはあくまでも最終的な結果の話であって支払いをしっかりと行っているにもかかわらず突然消費者金融業者から支払いを請求されるわけではありません。

しっかりと返済を行っていれば問題はない

つまり、借りたお金をしっかりと約束通り返済している限りは保証会社と直接的な関係はないと考えていて大きな間違いはないでしょう。問題が発生するのは支払いが滞り約束が守れないような状況になったときのみです。支払いをしっかりと送れずに続けていく気持ちがあるのであれば、保証会社が消費者金融業者であったとしても利用者には全く関係のないことなのです。

カードローンの入金方法や出金方法にはさまざまな種類がある!

自分に合ったカードローンを選択する

カードローンを利用するにあたり、その利便性は非常に重要になってきます。いくら金利が低かったとしても、いくら借入できる限度額を高く設定することができても、特に入出金の方法が少なかったりすれば借り入れ、返済、ともに不必要な手間を取られることもあります。特に借り入れる段階で考えなければならないのは借り入れるときの出金方法に加え返済の時の入金方法も良く考え、自分の生活環境にマッチした返済方法を選択できるカードローンを選ぶ必要が出てくるでしょう。

二つの出金方法

まず、カードローンの借入資金を出金する時には大きく分けて二つ、銀行振込とカードによるATMなどでの現金出金があります。どちらの方法も資金が調達できることには変わりありませんが、その後の資金の流れによってこれら二つの出金方法を利用するタイミングも変わってくることでしょう。

現金が必要な場合

そのまま現金を利用する環境であったり、土曜や日曜、祝祭日などであれば銀行振込を利用するメリットはあまりありません。タイミングや振込を希望する銀行によっては入金が翌営業日になるということも考えられます。買い物やレジャーなどに資金を利用するのであれば、その時の借り入れ方法はできるだけ現金を利用したほうが良いということになるでしょう。

資金を移動する必要がある場合

これとは異なり、借りた現金をどこかに支払う必要があるような場合にはATMからの現金の出金よりも、自分の銀行口座への振込でお金を借りるほうがその後の手続きの手間も少なくなります。何に、どのように利用するかによって資金の出金方法は変わってきます。もちろん、ほとんどのカードローンは振込にも現金の出金にも対応してますので心配する必要はありません。

返済にも二つの方法がある

今度は逆に返済の時の入金方法を考えてみましょう。入金の時も概ね出金の時と同じく現金での返済と振込などでの返済二つの種類に分けられます。しかし、返済の場合にはいずれにせよ自分の資金の中からの出金になるので、それほど現金か、振込かという基準で考える必要もないでしょう。考えなければならないのはこの二つのどちらかということよりも、その返済を受け付けるチャネルがあるかどうかです。

返済の時のポイントは「身近」

更に返済の方法についてはできるだけ自分の生活している環境に沿った返済方法があることを一番に考える必要があるでしょう。車で何分もかけて走った先にある専用ATMで、平日にしか返済できないようなカードローンを利用するよりも、すぐ近くのコンビニで24時間365日返済を受け付けているカードローンのほうが返済が滞る可能性も低いことは間違いないでしょう。

入出金方法も商品選択のポイント

カードローンを選ぶ時にはもちろん、金利が低かったり、金額が大きかったり、安心して借りれるような商品であったりと多くのことを考える必要があります。それらの多くの条件の中で優先順位が低くなりがちではありますが、この借入資金の入出金方法についても非常に重要な検討するポイントであるということを忘れてはいけません。

無職でもお金を借りれるパターンと、お金を借りるためのテクニック

無職になる危険は誰にでもある!

不景気の現在では探しても仕事がないと言う人も少なくはありません。仮に仕事があったとしてもそれは正社員ではなく派遣社員や契約社員ということも珍しくはなく、いつ仕事が無くなってもおかしくないような世の中になっています。実際に無職になってしまって慌てるのではなく、無職になる前から無職に備えておくことは非常に重要と言えるでしょう。

無職になってお金を借りるのは簡単ではない

無職になってからお金を借りようと思うとそう簡単には行きません。もしもの時のことを考えるのであれば、無職になる前にあらかじめカードローンなどを申し込んでおき、無職になった時にも慌てずに生活ができるような環境を整えておくことが望ましいと言えます。しかし望んで無職になるわけではなく、なかなか無職になる前に無職の準備を行うということは難しくもあるのが現状でしょう。

無職でもお金を借りることのできる方法とは

そこで次に大切なのは無職でもお金を借りれるような方法を知っておくことです。無職でお金を借りるときにまず第一に検討すべきなのは公的な資金の貸付です。公的機関やそれに限りなく近い機関での借り入れであれば、その金額こそそれほど大きな金額は借り入れることができないものの、金利は非常に低いことが特徴として挙げられます。無職になったらまずはこのような貸し付けを受けることができるかどうか確認してみることが重要でしょう。

このような低金利での貸し付けを検討した後には一般的なカードローンなどの貸付を利用することを考えます。無職では審査に通りにくいということはありますが、絶対に借りることができないわけではありません。まずは無職のまま申し込みを行ってみると言う方法も選択肢としては存在します。

無職でカードローンの審査に通ることは難しい

しかし無職ではまず審査には通らないと思っておいて良いでしょう。しかも一度審査に落ちてしまえば次々と申し込むことはできません。そこで最初の申し込みの時にはできるだけ、派遣会社に登録を行って仕事を探している最中であると言うことでカードローンの申し込みをするという方法うもあります。

派遣会社に登録しても無職であることには変わりない

しかしこれでも確実性は高くはありません。より確実に審査に通ろうと思うのであれば最も良いのは一時的に何でもよいのでアルバイトをしてしまうという方法です。アルバイトでもお金を借りるのに大きな不都合はありません。とにかく仕事をしていれば借り入れの可能性がより高まることを考えるのであれば、アルバイトをしてしまうという方法が最も手っ取り早いと言えるでしょう。

保証人を用意できればほぼ確実に借りることはできる

このほかにも個人事業主として起業してしまうという方法や保証人を用意する方法など探せばどれだけでも方法はあります。しかしそれほど大きな金額を考えていないのであればやはり一番良いのはアルバイトを見つけてしまう方法ではないでしょうか。それぞれの方法にメリットやデメリットは存在しますが、自分に合った方法を見つけることで無職であったとしても低金利でお金を調達することも不可能ではないのです。

派遣で働いている人がカードローンを申し込むときに注意するポイント

非正規雇用は増加の一途を辿っている

非正規の雇用が増加して来ている現在では、正社員ではなく敢えて派遣社員や契約社員として働くことを選択する人も、止むを得ず正社員以外の勤務形態を選択する人も増加の一途を辿っているのが現状でしょう。正社員とあまり変わらないような環境で働けている人もいれば、正社員と比較するとあまり良くない条件で働いている人も多いのではないかと思います。

派遣社員に大切な「派遣元」と「派遣先」の違い

いずれにせよ生きていく中でお金を借りる必要が出てくることもあります。非正規雇用の中でも派遣社員の場合にはカードローンなどでお金を借りる時に注意しておかなければならないところがあります。それは、申込書に記載する「勤務先」についてです。では、どのような部分に注意しておく必要があるのでしょうか。

今ではカードローンなどの申し込みの際には多くの場合、申込書に「正社員」や「アルバイト」という選択肢に加えて「派遣社員」という選択肢も記載されている場合がほとんどです。そしてこの場合には「派遣元」と「派遣先」を記入することになります。ここまでは一般的な派遣社員であればどちらにどこの会社を記入したらよいかは分かっている場合がほとんどでしょう。

念のために説明を行うのであれば、「派遣元」には自分の勤務している派遣会社を記入することになります。そして「派遣先」には自分が派遣されている会社、つまり勤務している場所を記入することになるでしょう。これをしっかりと把握して記入しておこなければ、後々思いもよらないようなトラブルに発展する可能性も秘めています。

在籍確認がどちらで行われるか確認しておこう

そして最も大切なのはその申し込みの時の「在籍確認」の電話連絡先です。前述の申込書のように「派遣元」と「派遣先」を記入するようになっているような場合にはほとんどの場合、在籍確認を「派遣元」に電話連絡をして行うのか、それとも「派遣先」に電話をして行うのかも選択できるようになっています。自分の在籍確認で都合のよい方法を選択できるようになっているのです。

注意しなければならない項目のまず一つ目はこの選択項目がない場合です。在籍確認を派遣元に行うのか、派遣先に行うのか明示されていない場合には申し込みの時点でどちらに行うかの確認が必要でしょう。この時点でどちらに連絡をするかが明確にされていない場合、唐突に派遣先に連絡をされて居心地の悪い状況になってしまうようなことも考えられます。

在籍確認ができなければ審査は通らない

更に、派遣元で在籍確認を対応してくれるかどうかを確認することも重要です。派遣元に在籍確認をするようにお願いしていたものの、実際に派遣元に電話連絡をすると「在籍確認には対応していない」と言われることもあります。派遣元には多くの派遣社員が登録しているので在籍確認をしていないということも理解はできますが、派遣元に連絡をするように願い出ていて派遣元で確認が取れないようであれば最終的に審査が否決になることも考えられます。

あらかじめ相談しておくことも重要

もし仮に派遣元で在籍確認を行うとしても、派遣先で在籍確認を行うとしても、担当者にそのことを伝えておくことが望ましいと言えるでしょう。あらかじめ伝えておけば可能かどうかも含めカードローンの提供元に相談することで時間帯や担当者の呼び出しも指定することが可能になります。派遣社員の場合には特にこのような下準備が重要になってくるのです。

カードローンの審査に落ちたときに注意しなければならないポイント

立て続けの申し込みは自分の首を絞める

複数の借り入れがあったり、仮に支払いが終わっていたとしても法的手続きで借金を整理していたりすると、思わぬところでカードローンの審査に通らないということはあります。当然、お金が必要で申し込んでいるものですので、審査に通らないとなると新たな別の借り入れ方法を模索することになるでしょう。しかしこの時にはしっかりと注意を払いつつ次の手を考えなければ、ただ闇雲に申し込みを行うことで自分の首を絞めるような結果になることもあるのです。

よく耳にする個人の信用情報の内容として「ブラック」というものがあります。支払いの滞納があったり、遅延が複数回あったりするとこのブラックという扱いになり、新規に借り入れを行うことはできません。最近ではこれに加えて貸金業については借り入れの上限金額も設定されており、借入金額が年収の三分の一を超えるようであればそれ以上の借り入れが難しいこともあります。

ブラックかどうか、考えるだけ無駄

カードローンなどの審査に落ちた場合に多いのは、まずは自分がブラックかどうかを考えると言うパターンです。しかしこのことははっきりいって無駄と言えます。いくら考えてブラックだったとしても、そうでなかったとしても、目の前にあるのは審査に落ちたという事実だけで、その理由を考えても全く意味はありません。

大切なのは「落ちたら何もしない」

では、立て続けに申し込みを行えば良いのかというとそういうことではありません。審査に落ちたということは既に信用情報として残っています。お金が必要になってカードローンの申し込みをしているのでしょうから、焦る気持ちは良く分かりますが審査に落ちた時に最も大切なのは「何もしないこと」なのです。

ここで慌ててほかの会社にも審査を依頼しようものなら「申し込みブラック」というステータスになってしまいます。こうなってしまえばどんな状況になったとしても借り入れは難しい状況になるでしょう。まずは何もせずに一カ月程度時間を開け、そこで他社に次の申し込みを行うのが最も良い方法です。

少しずつ伸ばしていく

それでも審査に落ちるようであれば次は最後の申し込みから二か月後に申し込みを行いましょう。それでもだめなら三カ月後。それでもだめなら四か月後と期間を延ばしていくのです。これを続けて一年後に申し込みを行ってもやはり審査に通らないというのであれば、諦めたほうが良いでしょう。

ただ単純に自分の信用情報がブラックかどうかを知りたいのであれば、信用情報機関に自分の信用情報の開示請求を行えば良いだけです。それでブラックと分かれば申し込みは行わないというのであればそれでも良いでしょう。しかし、上限を超えるような借り入れをしていない限り、その他のブラック情報はその情報が仮に残っていたとしても、貸し付けを行う業者は存在するのが現状です。

大切な二つのポイント

最初から諦めてしまっていれば当然、新たな借り入れを行うことはできません。しかし定期的に申し込みを行っていればいつか突然審査に通ることもあるかもしれないのです。仮にブラックだったとしてもその情報は一生残るわけではありません。大切なのは「申し込みブラック」の状態にならないように気をつけると言うことと、「あきらめずに定期的に申し込みを行う」ということ、この二つなのです。

キャッシングで最初に行われる仮審査は二種類のものがあるという真実

即日融資は二段階の審査の場合がある

今ではカードローンなどの借り入れについては即日審査、即日融資も珍しくはなくなってきています。インターネットからの申し込みで借り入れ限度額や借り入れが可能かを判定し、その情報を元に借り入れの申請を行うという申し込みのスタイルを取っているところも少なくありません。

二度目の審査で通らなくてもそれは仕方のないこと

しかし、これらの事前審査にはいくつかの種類があります。その内容をしっかりと把握していなければ、一旦審査で借り入れが可能と判断されたにも関わらず、実際に申し込みしてみると借りることができなかったということもあるのです。もちろん、このような審査が覆った場合でも利用者にお金が必要な事情があることなどは全く関係なく、ただ「貸さない」のが銀行や消費者金融です。

どのような審査項目があるのか

インターネットなどで審査を行うのであればそれが「事前審査」や「仮審査」なのか「審査」なのか、その点をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。「事前審査」や「予備審査」「仮審査」などはそれぞれ同じ内容のこともありますが、一見、同じような内容にも見えるこれらの審査もその受け取り方によっても内容が大きく変わります。では、まずはどこから確認していけば良いのでしょうか。

申し込みの流れを確認する

まず最初に確認しなければならないのは各金融機関や消費者金融業者が準備している「申し込みの流れ」というものです。その流れを見て審査が一回なのか、複数回なのかを確認しましょう。もちろん一回であればその審査は覆ることはありません。複数回の審査であれば「仮審査・事前審査・予備審査」などの審査が入ることになりますので、場合によっては審査での判断が覆ることもあるでしょう。

中にはこんな「審査」も……

更に業者によっては審査は全く行わずに、申し込み者の客観的なデータを見て一般的な借り入れ可能金額を提示して来るところもあります。この場合にはその利用者個人の信用情報などは全く確認せずに、あくまでも一般的な返答をしているだけのものです。到底審査と呼ぶことはできず、最終的にこの結果と違う結論になることは非常に多いと言えます。

覆されて困るのは利用者

いずれにしても時間に余裕があるのであれば数日かかったとしても審査が一回で確実なところからお金を借りることが望ましいと言えるでしょう。お金が本当に必要な人にとって、一度「可能」といわれて「やっぱり不可能」と言われるほど不都合が生じることはありません。自分の信用情報に絶対の自信があるのであれば二段階の審査でも問題はないかもしれませんが、少しでも不安があるのであれば審査は一度のところを利用することが良いでしょう。

仮審査はあくまでも「仮審査」

それでもやはり複数回の審査があるところに申し込みたいのであれば、一度目の審査の結果は100%ではないということを強く認識しておくことが重要です。最初から一度目の審査で資金の目処が立ったと判断するのではなく、二度目の審査以降で判断をするということを自分の中で決めておけばそれほど大きな問題に発展することはないでしょう。

アルバイトでもキャッシングで簡単にお金を借り入れる方法とは

アルバイトと正社員の差

「アルバイトでもお金を借りれるか」という疑問を持っている人は結構多いようです。確かに、社会的なステータスとしては通常の正社員や派遣社員と比較すると、社会的な信用度合としてはワンランク低いようにも見えなくはありません。では、正社員とアルバイトではお金の借り入れの時にはどのような差があるのでしょう。

確かに、住宅ローンや車のローンなどを考えているのであれば正社員ではなくアルバイトと言うことでローンそのものが不可能であるということもあるのかもしれません。しかし、通常のカードローンなどの無担保の融資であれば正社員でも、アルバイトでも派遣社員でもそれほど大きな差はないでしょう。

上限は低くなることもある

この手の借り入れを銀行から行わず、消費者金融業業者から借り入れるとなるとその上限金額は正社員や派遣社員よりもアルバイトのほうが低くなることがあるかもしれません。しかしそれはアルバイトだからという理由ではなく、その上限が年収の三分の一までと定められているからです。

アルバイトの内容によっては低い正社員の給料よりも年収が高くなることもあるかもしれません。当然、この場合には借り入れることのできる上限金額も正社員よりも高くなることでしょう。非正規雇用がますます増加している現在の社会情勢ではアルバイトでも正社員でもカードローンでの借り入れに関してはそれほど大きな差はないと言えるのかもしれません。

基本的に大きな差はない

カーローンや学費ローンなどのローンについても同様に正社員とアルバイトで大きな差があるということはないでしょう。借り入れる先の金融機関や業者の規模によってはまだ、アルバイトと言うだけで借り入れが難しくなるような古い体質を持っているところもあるかもしれません。

しかし、大手の金融機関や消費者金融業者では、これらのローンについてもアルバイトだからといってその取り扱いが変わることはありません。これから先のことを考えて行くのであれば、アルバイトでも正社員でもその勤務形態に関係なくお金を借りたりローンを組んだりすることが可能な世の中に確実に変わっていっていると言えるでしょう。

アルバイトの収入には限界もある

ただし、一つ忘れてはいけないのは、アルバイトの収入には限界もあるということです。既述のとおり、高い金額の借り入れを望んだり大きな金額のローンを考えるのであれば、それなりに収入があることが前提となります。もちろんこの場合でもアルバイトである程度高額な収入が得られているような仕事であれば問題はありませんが、全体的に見てもアルバイトでの収入はそれほど高くはありません。

「アルバイトだから」という理由ではない

そうなると、アルバイトだからという理由ではなく収入が低いからという理由で望む借り入れができないということは充分に考えられます。これを「アルバイトだから」と理由づけしてしまうことも確かに間違いではないかもしれませんが、アルバイトであることが直接的な理由ではないことには注意が必要でしょう。