土日の借り入れ

意外と知らない土日に借金をしするときに有用な情報をピックアップ!

昔から存在していた貸金業

お金を借りると言うことは古い昔、まだ通貨というものが存在せず米が通貨と同じように取り扱われていた時代から米を借りると言うシステムで存在し、通貨の利用が一般的になってからもお金を借りると言う方法には様々な物がありました。質屋などは古くから存在する庶民の生活に直結した貸金システムであったと言えるでしょう。そしてその貸金のシステムは現代になり更に様々なものが存在するようになりました。

それでも休みには借りることができない

これらのシステムを利用してお金を借りるにはそのお金を貸してくれるところが休みであればお金を借りることができません。一般的に土日が休みと言うこともあり、貸金業が発達したと言っても極々最近までは休日に急遽資金が必要な場合でも月曜日まで待つ必要がありました。

事業用途は限られるが個人は土日の需要も大きい

企業への購入代金の支払いや給与の支払いなど事業に関しては休日にはそれほど需要が高まることはありません。しかし個人向け貸し付けについては、休日に買い物をするということも多く昔から休日でも需要がありました。もちろん既に契約がありその限度額の範囲内でお金を借りるのであれば休日でも対応することは可能でしたが、新規の借り入れとなると需要があるにもかかわらず休日には行えないというのが一般的だったのです。バンクイック

自動契約機の誕生

このような休日の新規借り入れ契約に着目したのが大手の消費者金融業者でした。自動契約機を用意しコストをできるだけ抑えた状態で時間外や休日にも新規契約を行えるシステムを作り上げ、個人向けの貸し付けを休日でも深夜でも行えるようにしたのです。利用者にとっては急な出費にも即座に対応できることもありこのような自動契約機は今や消費者金融だけに限らず銀行などにも設置されるようになってきています。

現在では土日のカードローンの新規契約もこのような自動貸付機によって行うことが可能です。もちろん既に契約があればATMを利用して現金を引き出すことも可能でしょう。もし、休日であってもすぐに借り入れ資金を調達することができる環境は今では完全に整っていると言えます。

なかには休日に営業している業者もいる

これに対抗して今では休日に営業を行っている中小の貸金業者も存在します。もちろん自社の自動契約機を導入するような資金的な余裕はなくてもつまりは窓口を休日にも営業していればそのコストは大きいものの取りこぼしは少なくなります。休日だからと言って特に意識を変える必要もなく資金を調達できる環境が整っているのが現在の貸金業の状態です。

平日と全く同じではない

もちろん、休日に新規契約が可能であると言っても銀行口座への振り込みなどに関しては休日には対応することができません。休日に契約だけを行い口座への振り込みは休日明けでも問題ないのであれば振り込みを利用することもできますが、多くの場合には新規契約直後から資金が必要です。その場合にはカードなどを発行してもらいそのカードを利用して消費者金融業者のATMなどから借り入れを行うことになるでしょう。

休日でも借り入れは可能

いずれにしても外部環境によって若干の違いはあるものの、休日でも特に意識することなく借り入れを行うことができるのが現在の借り入れの状態です。休日に借り入れの必要が生じた場合には自動契約機を利用して新規申し込みを行いましょう。