審査の電話のテクニック

カードローン審査のときに大切な各種電話に関するテクニック集

審査のポイント「電話」

カードローンなどお金の借り入れを考えたときに必ず通らなければならないのが審査です。そしてその審査の時の最も重要なポイントと考えることができるのが電話による連絡でしょう。この電話のコツを理解して審査に臨むのと、審査の中で行われる電話連絡が全く分からずに審査に臨むのとではその内容は大きく変わってくるのです。

電話には二つの種類がある

まず、審査の時点の電話には大きく分けて二つの電話があります。一つは本人向けに電話をする本人確認の電話、そしてもう一つが勤務先に電話連絡をする税制企画人の電話です。どちらの電話も確認が取れなければ概ねお金を借りることは難しいと言えるでしょう。

まず必要なのは電話する側の気持ちを理解すること

どちらの連絡にしてもまずはその電話をする側の気持ちを考えてみることから始めましょう。電話をかけるスタッフは滞納や遅延の支払い催促などを除いてはそのほとんどが電話をかける専門のスタッフです。消費者金融業者の社員が電話をかけるというわけではなく、多くはアルバイトや派遣社員など。もちろん、本当に在籍しているか、本当に本人かということは気にしてはいますが、その気持ちを代弁するのであれば何もトラブルなく終わってほしいと願っています。

本人確認の電話のポイント

これを大前提として次は個人向けの本人確認の電話について考えてみましょう。インターネットなどで申し込んだときにはここが唯一の利用者との直接会話と言うことになります。必要事項の説明を受け、申し込みの意思があるのか、本人なのかの確認が取れればそれで終了です。忙しい最中に電話をかけてきて長々と話すことに怒りを覚える利用者もいるようですが、法的に必要な説明や意思確認が中心になるので黙って聞くことが大前提です。

一通り喋らせて利用したいということ、本人であるということを伝えればそれで本人確認は完了です。いろいろと細かい質問をする人もいますが、余計な質問や指摘は更に時間がかかると言うだけでメリットは一つもありません。注意しなければならないのは電話番号の記載ミスだけは絶対に避けること。電話連絡が取れないようであればその時点で契約は不可能になります。

在籍確認の電話のポイント

そしてもう一つの電話、在籍確認について見てみましょう。これも単純に記載されている電話番号に電話して本人を呼び出すというだけの確認です。電話に出た人物が「そんな人いません」と言うことさえなければ休みでも出勤していてもどちらでもいいのです。極端な話自宅の電話番号を記載して法人名で電話に出ていたとしても審査に通る場合があります。

最近では良く、会社の電話番号をインターネットで確認したり、会社のホームページをインターネットで確認したりしているという噂が実しやかに流れていますが申込みの全件を確認しているわけではありません。何か疑問を感じられたり、不審な点がない限りはそのようなチェックは行われないと考えていて良いでしょう。

電話はそれほど気を配ることでもない

カードローンの審査の時に行われる電話での確認はこの二つだけです。正直、それほど困難なポイントと言うこともありません。仕事をしている人であればそれほど問題なく確認が終わることがほとんどですし、極端な話をすればそこに虚偽があったとしても基本的にはそれによって審査が滞るということはないと考えることもできるのです。