カードローンの返済方法

カードローンの返済にはこれだけ多くの便利な方法が使える!

借り入れの方法

カードローンの借り入れは現在、即日融資に対応した銀行振込、専用ATMでの引き出し、他社ATMでの引き出しなど利用者のニーズに合わせて多種多様な借り入れ方法が用意されています。確かに多くのチャネルで借り入れが行えることは利便性にも優れ必要な時にすぐに手元に現金を用意することができることはカードローンの大きなメリットであることには間違いありません。

返済方法も多いほうが良い

しかし利用者にとって使いやすいカードローンを考えた時には借り入れのチャネルが多いと言うだけでは他社との競争において有利であるとは言い切れません。たとえ借り入れの時には資金が必要であったとしても利用者が最終的に目指すのはその借り入れた資金の完済でしょう。完済を考える段階になれば借り入れ資金の毎月の返済方法も多種多様なチャネルを用意することがカードローン提供会社にとって必要なことなのです。

窓口での返済

返済の方法には多くのものがありますが旧来から変わらない中心的な返済方法は窓口での現金の返済でしょう。直接窓口に赴いて返済を行っていれば、お金を貸している業者とのコミュニケーションも生まれ以前であればその中で資金需要を伝え追加の融資の相談などを行うこともありました。しかし今では窓口で直接行う返済は主要なものではなくなってきています。

ATMでの返済

それに代わり返済方法の中心を担うようになったのは窓口に備え付けられたATMを使っての返済です。企業側も人件費が必要なく、返済側も余計なコミュニケーションが必要なくなるこの方法は、過剰な、企業主導での貸し付けを抑えるためにも有効な方法となりました。ATMは貸し付けだけでなく返済や限度額の増額申請、中には住所変更などの機能も備えており、窓口に変わって返済方法の主流となっているのです。

特に最近では返済に利用できるATMも増加し、コンビニエンスストアに設置されている汎用のATMでも返済が可能です。場所によっても違いはありますが、銀行のATMとコンビニエンスストアのATMであればほとんどの場合はコンビニエンスストアのATMのほうが身近にあるという環境が多数になってきているのではないでしょうか。利便性と言う点から見ればより高くなってきていることは間違いないでしょう。

振り込みによる返済

その他に銀行振り込みによる返済も可能です銀行振り込みであれば専用の窓口にもATMにも行くことなく返済を行うことが可能です。窓口やATMでの返済は人目を気にするような場面も少なくなく、より秘密裏に返済を行いたいのであれば銀行振り込みによる返済は利用者にとっては非常に使いやすい返済方法と言うことができるでしょう。

更に現在ではインターネットでの銀行取引が可能になったことにより、自宅に居ながら返済を行うことも可能になりました。インターネットバンキングを利用することにより返済による手間や時間の節約にもつながり、定期的な振込や引き落としを設定することで銀行口座の資金さえ確保していれば特に意識することなく返済が可能になります。利用者の返済についての利便性は飛躍的に高まってきたと言えるでしょう。

自分に適した返済方法は?

あとはこれらの返済方法の中から自分の生活環境に適したものを選択して返済を行っていけば良いでしょう。注意しなければならないのは返済にかかる手数料です。低くなったとはいえただでさえ高額な利息も支払っているのです。できれば手数料はなるべく低く抑えたいものです。