保証の仕組み

銀行でのカードローンでも保障会社が消費者金融であるその理由

保証会社の仕組み

銀行のカードローンなどを利用する時にはほとんどの場合保証人は必要ありません。もちろん担保なども必要なく、カードローンは「無担保カードローン」とも言われています。このようなカードローンには保証人や担保が必要ない代わりに、契約の時に「保証会社」と呼ばれる会社とも保証の契約を間接的に行うことになります。

銀行での借り入れの時の保証会社は今ではほとんどの場合が消費者金融業者です。仮に消費者金融業者でなかった場合でも保証会社は信販会社。つまり、そのような消費者金融業者や信販会社が保証しているから、担保なしでも保証人なしでもお金を借りることができるのです。

消費者金融業者の事業のバランスの変化

以前は大手の消費者金融業者は保証を中心とした業務ではなく、貸し付けを中心に業務を行っていました。しかし多くの問題が発生し、過払い金の請求などで消費者金融業者は営業を続けていくことが難しくなり、苦しくなった消費者金融業者を銀行が資金を投入する代わりに個人向けの貸し付けのノウハウを得ることができることもあり、消費者金融業者を自分の銀行グループの中に吸収していったのです。

今は銀行中心で貸し付けを行っている

そして、個人向けの貸し付けの方法が分かった銀行は、経営が縮小して世間的にも風あたりの強くなった消費者金融に替わり個人向けの融資を行うようになりました。そして業績が悪化している消費者金融業者に保証業務行わせることで、安定的な収入を消費者金融業者に与えて経営の健全化を進めてきています。

あくまでも保証会社は「保証会社」

このような事情もあり、大手銀行のカードローンには大手の消費者金融業者の名前が保証会社として並んでおり、最終的に支払いが困難になれば保証会社が保証し、債務は保証会社に移っていくと言うことになるのです。今では銀行のカードローンと保証会社としての消費者金融業者は切っても切れない縁になっていると言えるでしょう。

大きなデメリットはない

しかし、利用者にとっては保証会社が消費者金融であることで実質的なデメリットはありません。今まで銀行グループ企業内で保証業務を中心としているために表にあまり名前が出ていなかった会社が保証していたものが、消費者金融業者として有名な会社が保証するようになったというだけなのです。実質、会社名が目立つようになったと言うだけで利用に際して大きな変化はないと言えるでしょう。

もちろん、支払わなければペナルティー

あえてデメリットを上げるのであれば、銀行からカードローンを借りていたとしても、その支払いが遅れ、滞納を続けていると最終的には銀行ではなく消費者金融業者から残債の支払いの催促が行くということでしょうか。しかしこれはあくまでも最終的な結果の話であって支払いをしっかりと行っているにもかかわらず突然消費者金融業者から支払いを請求されるわけではありません。

しっかりと返済を行っていれば問題はない

つまり、借りたお金をしっかりと約束通り返済している限りは保証会社と直接的な関係はないと考えていて大きな間違いはないでしょう。問題が発生するのは支払いが滞り約束が守れないような状況になったときのみです。支払いをしっかりと送れずに続けていく気持ちがあるのであれば、保証会社が消費者金融業者であったとしても利用者には全く関係のないことなのです。