モビットとバンクイックの違い

同じ銀行から販売しているように見えるモビットとバンクイックの違い

銀行のカードローンか消費者金融のカードローンか

カードローンなどで資金の借り入れを考えたときに、何らかの条件で借り入れが難しいような場合を除いてはその多くがまずは銀行からの借り入れを考えることでしょう。消費者金融などが用意するカードローンと比較して条件が良い場合が多く、やはり消費者金融からの借り入れと銀行からの借り入れではそのイメージに少なからず違いもあります。

銀行で販売している消費者金融のカードローン

大手銀行からのカードローンを考えたときに注意しなければならないのが、大手銀行が準備して直接販売しているカードローンと、同じ銀行が販売や申し込みの窓口にはなっているものの、その現実はカードローン会社からの借り入れになるカードローンがあることです。

大きな違いのある「バンクイック」と「モビット」

消費者金融業者の用意しているカードローンであればその商品名などから銀行のカードローンかグループ企業である消費者金融業者のカードローンか判断することができますが、中にはその判断が難しいような商品も存在します。その最たる例は「バンクイック」と「モビット」ではないでしょうか。

銀行のカードローン「バンクイック」

「バンクイック」は銀行が用意しているカードローンです。借り入れる相手は銀行で、返済も当然ながら銀行に行っていくことになります。保証会社はグループ内の消費者金融業者ではあるものの、契約自体は銀行と交わすことになるれっきとした銀行のカードローン商品です。

消費者金融業者「モビット」

これに対し「モビット」は銀行のカードローンではありません。モビットと言う消費者金融業者のカードローンで、その大株主が主に銀行であるというだけです。一時期は銀行窓口で積極的にカードローンの販売が行われていたこともありますが、銀行が出資して設立している消費者金融業者ではあるものの銀行とは直接関係はありません。

モビットは他の消費者金融業者とは異なり銀行が作った消費者金融業者です。元々大株主であった銀行は今ではモビットの株主の一つではあるものの、モビット自体は別の銀行のグループ企業となっているという複雑な大人の事情も絡んだ消費者金融業者なのです。以前は元々の大株主であった銀行と同じ色をした企業カラーをホームページなどにも強く押し出していましたが、今ではグループが変わったこともありその色は少し抑えめになっています。

1銀行で1つのカードローンではない

このように今では銀行業界、消費者金融業界の一体化もあり、そのカードローン商品には多くのものが存在しています。旧来のものを含めると同銀行で複数のカードローンの商品があり分かりにくいということもあるかもしれませんが、合併やグループ化を絶えず行いながら進化してきたことを考えると仕方のないことなのかもしれません。

今後、分かりやすくなっていくかもしれない

しかし、銀行と消費者金融業者が一体となったことで一旦は商品の多様性も次第に一本化されてくることでしょう。銀行と消費者金融は仲が悪いことで有名でしたが、元々銀行を作りたかった消費者金融業者と個人向け融資のノウハウが少なかった銀行とがグループ企業となったことでしばらくの間は利用者にとっては使いやすい環境作りが進んでいくようになるのかもしれません。