無職の借り入れテクニック

無職でもお金を借りれるパターンと、お金を借りるためのテクニック

無職になる危険は誰にでもある!

不景気の現在では探しても仕事がないと言う人も少なくはありません。仮に仕事があったとしてもそれは正社員ではなく派遣社員や契約社員ということも珍しくはなく、いつ仕事が無くなってもおかしくないような世の中になっています。実際に無職になってしまって慌てるのではなく、無職になる前から無職に備えておくことは非常に重要と言えるでしょう。

無職になってお金を借りるのは簡単ではない

無職になってからお金を借りようと思うとそう簡単には行きません。もしもの時のことを考えるのであれば、無職になる前にあらかじめカードローンなどを申し込んでおき、無職になった時にも慌てずに生活ができるような環境を整えておくことが望ましいと言えます。しかし望んで無職になるわけではなく、なかなか無職になる前に無職の準備を行うということは難しくもあるのが現状でしょう。

無職でもお金を借りることのできる方法とは

そこで次に大切なのは無職でもお金を借りれるような方法を知っておくことです。無職でお金を借りるときにまず第一に検討すべきなのは公的な資金の貸付です。公的機関やそれに限りなく近い機関での借り入れであれば、その金額こそそれほど大きな金額は借り入れることができないものの、金利は非常に低いことが特徴として挙げられます。無職になったらまずはこのような貸し付けを受けることができるかどうか確認してみることが重要でしょう。

このような低金利での貸し付けを検討した後には一般的なカードローンなどの貸付を利用することを考えます。無職では審査に通りにくいということはありますが、絶対に借りることができないわけではありません。まずは無職のまま申し込みを行ってみると言う方法も選択肢としては存在します。

無職でカードローンの審査に通ることは難しい

しかし無職ではまず審査には通らないと思っておいて良いでしょう。しかも一度審査に落ちてしまえば次々と申し込むことはできません。そこで最初の申し込みの時にはできるだけ、派遣会社に登録を行って仕事を探している最中であると言うことでカードローンの申し込みをするという方法うもあります。

派遣会社に登録しても無職であることには変わりない

しかしこれでも確実性は高くはありません。より確実に審査に通ろうと思うのであれば最も良いのは一時的に何でもよいのでアルバイトをしてしまうという方法です。アルバイトでもお金を借りるのに大きな不都合はありません。とにかく仕事をしていれば借り入れの可能性がより高まることを考えるのであれば、アルバイトをしてしまうという方法が最も手っ取り早いと言えるでしょう。

保証人を用意できればほぼ確実に借りることはできる

このほかにも個人事業主として起業してしまうという方法や保証人を用意する方法など探せばどれだけでも方法はあります。しかしそれほど大きな金額を考えていないのであればやはり一番良いのはアルバイトを見つけてしまう方法ではないでしょうか。それぞれの方法にメリットやデメリットは存在しますが、自分に合った方法を見つけることで無職であったとしても低金利でお金を調達することも不可能ではないのです。