入出金方法あれこれ

カードローンの入金方法や出金方法にはさまざまな種類がある!

自分に合ったカードローンを選択する

カードローンを利用するにあたり、その利便性は非常に重要になってきます。いくら金利が低かったとしても、いくら借入できる限度額を高く設定することができても、特に入出金の方法が少なかったりすれば借り入れ、返済、ともに不必要な手間を取られることもあります。特に借り入れる段階で考えなければならないのは借り入れるときの出金方法に加え返済の時の入金方法も良く考え、自分の生活環境にマッチした返済方法を選択できるカードローンを選ぶ必要が出てくるでしょう。

二つの出金方法

まず、カードローンの借入資金を出金する時には大きく分けて二つ、銀行振込とカードによるATMなどでの現金出金があります。どちらの方法も資金が調達できることには変わりありませんが、その後の資金の流れによってこれら二つの出金方法を利用するタイミングも変わってくることでしょう。

現金が必要な場合

そのまま現金を利用する環境であったり、土曜や日曜、祝祭日などであれば銀行振込を利用するメリットはあまりありません。タイミングや振込を希望する銀行によっては入金が翌営業日になるということも考えられます。買い物やレジャーなどに資金を利用するのであれば、その時の借り入れ方法はできるだけ現金を利用したほうが良いということになるでしょう。

資金を移動する必要がある場合

これとは異なり、借りた現金をどこかに支払う必要があるような場合にはATMからの現金の出金よりも、自分の銀行口座への振込でお金を借りるほうがその後の手続きの手間も少なくなります。何に、どのように利用するかによって資金の出金方法は変わってきます。もちろん、ほとんどのカードローンは振込にも現金の出金にも対応してますので心配する必要はありません。

返済にも二つの方法がある

今度は逆に返済の時の入金方法を考えてみましょう。入金の時も概ね出金の時と同じく現金での返済と振込などでの返済二つの種類に分けられます。しかし、返済の場合にはいずれにせよ自分の資金の中からの出金になるので、それほど現金か、振込かという基準で考える必要もないでしょう。考えなければならないのはこの二つのどちらかということよりも、その返済を受け付けるチャネルがあるかどうかです。

返済の時のポイントは「身近」

更に返済の方法についてはできるだけ自分の生活している環境に沿った返済方法があることを一番に考える必要があるでしょう。車で何分もかけて走った先にある専用ATMで、平日にしか返済できないようなカードローンを利用するよりも、すぐ近くのコンビニで24時間365日返済を受け付けているカードローンのほうが返済が滞る可能性も低いことは間違いないでしょう。

入出金方法も商品選択のポイント

カードローンを選ぶ時にはもちろん、金利が低かったり、金額が大きかったり、安心して借りれるような商品であったりと多くのことを考える必要があります。それらの多くの条件の中で優先順位が低くなりがちではありますが、この借入資金の入出金方法についても非常に重要な検討するポイントであるということを忘れてはいけません。