仮審査の内容

キャッシングで最初に行われる仮審査は二種類のものがあるという真実

即日融資は二段階の審査の場合がある

今ではカードローンなどの借り入れについては即日審査、即日融資も珍しくはなくなってきています。インターネットからの申し込みで借り入れ限度額や借り入れが可能かを判定し、その情報を元に借り入れの申請を行うという申し込みのスタイルを取っているところも少なくありません。

二度目の審査で通らなくてもそれは仕方のないこと

しかし、これらの事前審査にはいくつかの種類があります。その内容をしっかりと把握していなければ、一旦審査で借り入れが可能と判断されたにも関わらず、実際に申し込みしてみると借りることができなかったということもあるのです。もちろん、このような審査が覆った場合でも利用者にお金が必要な事情があることなどは全く関係なく、ただ「貸さない」のが銀行や消費者金融です。

どのような審査項目があるのか

インターネットなどで審査を行うのであればそれが「事前審査」や「仮審査」なのか「審査」なのか、その点をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。「事前審査」や「予備審査」「仮審査」などはそれぞれ同じ内容のこともありますが、一見、同じような内容にも見えるこれらの審査もその受け取り方によっても内容が大きく変わります。では、まずはどこから確認していけば良いのでしょうか。

申し込みの流れを確認する

まず最初に確認しなければならないのは各金融機関や消費者金融業者が準備している「申し込みの流れ」というものです。その流れを見て審査が一回なのか、複数回なのかを確認しましょう。もちろん一回であればその審査は覆ることはありません。複数回の審査であれば「仮審査・事前審査・予備審査」などの審査が入ることになりますので、場合によっては審査での判断が覆ることもあるでしょう。

中にはこんな「審査」も……

更に業者によっては審査は全く行わずに、申し込み者の客観的なデータを見て一般的な借り入れ可能金額を提示して来るところもあります。この場合にはその利用者個人の信用情報などは全く確認せずに、あくまでも一般的な返答をしているだけのものです。到底審査と呼ぶことはできず、最終的にこの結果と違う結論になることは非常に多いと言えます。

覆されて困るのは利用者

いずれにしても時間に余裕があるのであれば数日かかったとしても審査が一回で確実なところからお金を借りることが望ましいと言えるでしょう。お金が本当に必要な人にとって、一度「可能」といわれて「やっぱり不可能」と言われるほど不都合が生じることはありません。自分の信用情報に絶対の自信があるのであれば二段階の審査でも問題はないかもしれませんが、少しでも不安があるのであれば審査は一度のところを利用することが良いでしょう。

仮審査はあくまでも「仮審査」

それでもやはり複数回の審査があるところに申し込みたいのであれば、一度目の審査の結果は100%ではないということを強く認識しておくことが重要です。最初から一度目の審査で資金の目処が立ったと判断するのではなく、二度目の審査以降で判断をするということを自分の中で決めておけばそれほど大きな問題に発展することはないでしょう。