カードローンの選び方

今のタイミングに合わせた最高に使い勝手のよいカードローンの選び方

カードローンには多くの種類がある

カードローンに申し込んで利用しようとした時、まず最初に考えなくてはならないのが「どの商品を選ぶか」でしょう。カードローンには多くの種類があり、そのサービス内容についても様々なものがあります。中には選んだ商品を利用してみると自分の望んだサービスが無かったということもあるでしょう。このような状態を避けるためにはカードローンの商品にどのようなサービスがあるのかをしっかりと理解しておく必要があります。

種類は多いがそのサービスはほぼ同じ

今現在販売されている大手の会社のカードローンの商品にはそれほど商品による違いはありません。各社そのサービスはある程度の水準に達しており、機能としてはそれほど変わりはないと言えるでしょう。しかしそれでもやはり中小のカードローンまで含めると少なからず違いがあることは間違いありません。代表的な違いはどこにあるのでしょうか。

まず、資金を調達するまでの手続きです。手続きには最初から書類を求めて書類をベースに審査を行うところと、インターネットなどを利用し即日審査、即日融資を売りにしている商品の二種類があります。もちろん、急ぎでの資金調達であれば即日融資の利便性が高いのは間違いないでしょう。

次に注目すべきはその金利と限度額です。消費者金融系のカードローンであれば限度額には年収の三分の一までという上限が設定されています。更に金利についても銀行よりも消費者金融の金利のほうが高いということを考えるのであればやはり消費者金融系のカードローンよりも銀行系のカードローンから申し込みを行うほうが良いということになります。

銀行からの融資が受けれなかった時には注意!

この二つのことを考えて銀行のカードローンに申し込み無事融資を受けることができたのであれば特に問題はありません。しかし何らかの理由で銀行からの融資が受けられなかった場合には消費者金融のカードローンを考える必要も出てくるでしょう。そうなると今度は更にそのサービスについて細かく見ていく必要が出てきます。

即日融資が可能かどうか、これについては銀行でも消費者金融でも大きな変わりはありません。資金がすぐに手元に必要なのであれば即日融資に対応している消費者金融を選ぶことになるでしょう。大手の消費者金融業者であればその多くがたとえ土日や祝祭日であったとしても新規の契約が可能である場合がほとんどです。

更に中小の消費者金融であれば…

そして消費者金融からの借り入れを前提にするのであればその返済の方法については特に注意が必要です。特に中小の消費者金融であれば専用のATMが無いということも少なくはありません。審査の結果止むを得ず中小の消費者金融から借り入れを行うのであればやむを得ないこともありますが、できれば返済も多くの方法を用意しているところが良いでしょう。

中小の消費者金融を利用するのであればその金利にも気をつける必要があります。特にブラックでも貸し付けを行うような謳い文句がある消費者金融はいわゆる「闇金融」である場合も多く、その金利は法的な制限を超えている場合もあるのです。金利が法定利息内かどうかはしっかりと確認しておく必要があります。

サービスの違いや注意点についてはこれだけを頭においていればそれほど問題のある借り入れを行う結果には繋がりません。現在、銀行や大手の消費者金融では即日融資はごく当たり前、返済も貸し付けの方法も多くのチャネルが用意されています。