上限比較

銀行でのキャッシングの上限と消費者金融でのキャッシングの上限

できるだけ有利にお金を借りたい

急にお金が必要になった時には「お金を借りる」という選択肢が浮かんできます。しかしお金を借りれればどこでもいいというわけではないのではないでしょうか。やはりできるだけ利用者にとって有利な条件で、できるだけ低い負担で借り入れを行うことが条件となってくるでしょう。そしてその中で「できるだけ多くの金額を調達する」ということに比重を置いて借金をする先を選ぶのであれば様々な角度から借り入れ先を検討することが必要です。

カードローンでの借り入れを考えるのであれば、まずは消費者金融か、銀行かどちらかで借り入れを行うことになります。この二つの場合には借り入れ可能な上限金額に差があることは何よりも重要な検討すべきポイントとなるでしょう。

銀行と消費者金融業者では金利など多くの面で差はありますが、現在ではその差は小さくなってきています。銀行のグループ企業となった消費者金融と銀行の間で情報や手法の共有が行われそれぞれの商品についても同レベルのサービスや機能を提供するようになってきています。しかしその中でも法律の定めにより変えようのないものが借り入れの時の上限金額なのです。

消費者金融の貸し付けの上限

消費者金融業者での借り入れでは年収の三分の一までしか借り入れができません。どれだけ返済に問題のない資力があったとしても、年収の三分の一までが貸付金額の上限です。たとえ他社で大きな金額を借りていたとしても次の借り入れでその上限を超えてしまうようであれば新たな貸し付けは行えないようになっているのです。

銀行での貸し付けの上限

これに対し銀行では貸し付けの上限金額に定めはありません。もちろん、返済可能な常識の範囲内の金額が融資金額の上限にはまりますが、たとえ年収を超えるようなお金を貸し付けていたとしてもそのこと自体には問題はなく貸し付ける金額は自由です。利用者の側から見ればたとえ年収の三分の一の借り入れがあったとしても銀行であれば更なる融資をしてくれる可能性があるのです。

この上限金額と言うことについて考えるのであれば消費者金融業者にお金を借りるよりも、銀行でお金を借りたほうが良いことは間違いありません。もちろん、まずは消費者金融でお金を借りて、上限になったら銀行に依頼するという方法もありますが、多くの場合には銀行のほうが金利的にも有利なことがほとんどです。

順番は「銀行→消費者金融」

そうなるとやはりまずは銀行に借り入れが可能かどうかを相談してみてそれでもし、信用などの諸事情で借り入れができないようであれば初めて消費者金融業者に相談するという流れが望ましいでしょう。もちろん銀行で無理でも消費者金融では必ず借りれるということはありませんが、順番としては銀行から消費者金融という順番が最も理想なのです。

冒頭で現在では銀行でも、消費者金融でもそのサービス内容には大きな違いが無くなってきていることを説明しましたが、金利についてはそれでも銀行のほうが低いということが多いでしょう。借り入れる上限金額も大きく、金利も低いのであれば消費者金融よりもまずは銀行で借り入れを検討することが現在のカードローンの常識となっているのではないでしょうか。