バイトの借り入れ

アルバイトでもキャッシングで簡単にお金を借り入れる方法とは

アルバイトと正社員の差

「アルバイトでもお金を借りれるか」という疑問を持っている人は結構多いようです。確かに、社会的なステータスとしては通常の正社員や派遣社員と比較すると、社会的な信用度合としてはワンランク低いようにも見えなくはありません。では、正社員とアルバイトではお金の借り入れの時にはどのような差があるのでしょう。

確かに、住宅ローンや車のローンなどを考えているのであれば正社員ではなくアルバイトと言うことでローンそのものが不可能であるということもあるのかもしれません。しかし、通常のカードローンなどの無担保の融資であれば正社員でも、アルバイトでも派遣社員でもそれほど大きな差はないでしょう。

上限は低くなることもある

この手の借り入れを銀行から行わず、消費者金融業業者から借り入れるとなるとその上限金額は正社員や派遣社員よりもアルバイトのほうが低くなることがあるかもしれません。しかしそれはアルバイトだからという理由ではなく、その上限が年収の三分の一までと定められているからです。

アルバイトの内容によっては低い正社員の給料よりも年収が高くなることもあるかもしれません。当然、この場合には借り入れることのできる上限金額も正社員よりも高くなることでしょう。非正規雇用がますます増加している現在の社会情勢ではアルバイトでも正社員でもカードローンでの借り入れに関してはそれほど大きな差はないと言えるのかもしれません。

基本的に大きな差はない

カーローンや学費ローンなどのローンについても同様に正社員とアルバイトで大きな差があるということはないでしょう。借り入れる先の金融機関や業者の規模によってはまだ、アルバイトと言うだけで借り入れが難しくなるような古い体質を持っているところもあるかもしれません。

しかし、大手の金融機関や消費者金融業者では、これらのローンについてもアルバイトだからといってその取り扱いが変わることはありません。これから先のことを考えて行くのであれば、アルバイトでも正社員でもその勤務形態に関係なくお金を借りたりローンを組んだりすることが可能な世の中に確実に変わっていっていると言えるでしょう。

アルバイトの収入には限界もある

ただし、一つ忘れてはいけないのは、アルバイトの収入には限界もあるということです。既述のとおり、高い金額の借り入れを望んだり大きな金額のローンを考えるのであれば、それなりに収入があることが前提となります。もちろんこの場合でもアルバイトである程度高額な収入が得られているような仕事であれば問題はありませんが、全体的に見てもアルバイトでの収入はそれほど高くはありません。

「アルバイトだから」という理由ではない

そうなると、アルバイトだからという理由ではなく収入が低いからという理由で望む借り入れができないということは充分に考えられます。これを「アルバイトだから」と理由づけしてしまうことも確かに間違いではないかもしれませんが、アルバイトであることが直接的な理由ではないことには注意が必要でしょう。